心配ごとや不安で頭がいっぱいのあなたへ

こんにちは。

愛情セラピストのちひろです。

 

何か心配事や不安なことがあって

夜も眠れない・・。

 

そんな経験をしたことはありませんか?

 

日々、私たちには

さまざまなできごとが起こるので

 

心配や不安で

頭がいっぱいになってしまう

ことがあるのは

当然だと思います。

 

当然、と言っても

心配や不安を抱え続けている時って

とっても苦しいですよね。

 

できたら早く抜け出したい!

と考える人が

ほとんどなのではないでしょうか。

 

世間では

楽観的に考えよう

ポジティブでいよう

なんて言われますが

 

それぞれみんな

性格や人生経験も違うので

言葉で言うほど

簡単ではないですよね。

 

かと言って

ネガティブな気持ちに

心が支配されたままでは

 

自分がツラくなってしまうだけでなく

 

普段なら普通にできたことが

できなくなってしまったり

 

楽しいはずのことが楽しくない

全部うまくいかない・・・

 

そんな負のスパイラルに陥ってしまいがちです。

 

負のスパイラルに陥っているとき

多くの場合いつのまにか

”自己暗示”をかけていることが

じつはけっこう多いんです。

 

私たちの脳って

とっても素直。

 

簡単に自己暗示がかかってしまいます。

 

「なんて自分はダメなんだ」

といつも自分を責めていると

脳が”ダメな自分”を探そうとします。

 

自分がダメだという

証拠集めをしようとするんです。

 

当たり前のことですが

完璧な人間なんてこの世にはいなくて

みんなそれぞれ

 

良いところと悪いところ

素晴らしいところとダメなところ

 

を持っています。

 

そのため

脳が探そうと思えば

いくらだって見つかるんです。

 

脳は自己暗示にかかりやすい

ということを

わかっていただいたところで

 

今日は心配事や不安で

頭がいっぱいになってしまったときの

ちょっとした対処法を

ご提案したいと思います。

 

それは、”口グセを変える”です。

 

脳を自己暗示にかけるために

一番てっとり早いのは

「言い聞かせる」

ことなんです。

 

自分に対していつも

どんな言葉をかけていますか?

 

「私って本当にダメな奴・・・」

なんて言っていませんか?

 

脳に自分が困るような

自己暗示をかけている人は

今すぐやめましょう!

 

また、

心配事や不安がある時

どんな言葉を使っていますか?

 

「あぁ、どうしよう・・」

「うまくいくわけがない・・」

「絶望的だ・・」

 

そんな言葉を

脳に投げかけていては

良い案や打開策も

浮かんできづらくなってしまいます。

 

だからこそ

何か心配事や不安がある時には

ひとまず呼吸をして

「大丈夫、なんとかなる」

と口に出して言ってみましょう。

 

そう思えてなくたっていいんです。

 

考えのクセを変えるのは

多少の時間がかかるので

 

まずは自分自身が使う

言葉から変えて

脳に自分にとって

良い自己暗示をかけていきましょう。

 

きっと今

これを読んでいるうちは

信じられないかもしれないけれど

実践すれば実感してもらえると思います。

 

使う言葉を変えるだけなので

何も損はありません(^^)

 

半信半疑のままでいいので

ぜひ試してみてください。

photo-1447653880973-a426557098a9

大丈夫、なんとかなるから。