今日はダメだった!で、ちゃんと終わらせる。

こんにちは。千尋(チヒロ)です。

 

すっかり秋らしくなってきましたね。

『女心と秋の空』とはよく言ったもので、秋はお天気が変わりやすいため体がついていかず、体調も崩れやすい季節です。

 

そして、体と心は繋がっています。

体調と同じように心の調子も崩しやすい時期なので、もしかしたら「今まさにツライ・・」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

このように私たちは日々、季節やちょっとした変化にも影響を受けながら生きています。

毎日幸せ!ならばありがたいけれど、良い日もあればよくない日があるのが普通です。

 

けれど、頭では理解できていても、気持ちが落ちているときはつい「良くないこと」に目が行きがちです。

例えば、仕事で何かミスをしてしまった・・、街中で人とぶつかって嫌な気分になった・・、など、自分が嫌な気分になったことばかりで頭がいっぱいになってしまった経験、誰しもありますよね。

 

そんな風に頭が嫌な気分でいっぱいになってしまうと、まるで自分の人生のすべてが最悪かのように思えてしまったりしませんか?

そういう時ってとっても苦しいですよね。

私も経験したことがあるのでよくわかります(苦笑)

 

さて、こんな時上手に自分を励まして立て直せればいいけれど、自分の調子が悪いとそれもうまくいかないことは当然のことです。

無理に奮い立たせようとして疲弊してしまっては本末転倒ですよね。

 

だからこそ、「今日はダメだった」でしっかりと1日を終わらせることが大切です。

良い日があればよくない日もあるということをしっかりと意識的に感じる、ということです。

 

意識的に”今日は”ということを感じることができれば、自分の人生が最悪、なのではなく、今日がたまたま最悪だっただけ、ということがわかります。

当たり前のことに聞こえるかもしれないけれど、案外この事実を認識できていない人がとっても多いのが実情です。

 

どんなに優秀な人だって間違う時もある。

どんなにすごい人だって失敗する時もある。

どんなにダメな人だってすごい時もある。

どんなにできない人だって立派な時もある。

 

これはまぎれもない事実なのです。

 

どんなに今日が最悪な日だったとしても、明日も最悪とは限りません。

そして、実は明日の最悪を作り出してしまうのは、自分自身の気分だったりします。

 

「今日はダメだった」でしっかりと終わらせて、今日の分も明日の自分を幸せにしてあげませんか?

photo-1456699596497-9dc2f20aa2dc

大丈夫。明日はきっと良い日だから。