大人げない自分が許せない人へ

こんにちは。

愛情セラピストのちひろです。

 

昔から

『人のふり見て我がふり直せ』

『目の前の人は鑑(かがみ)』

などの言葉があるように

 

気がつかないうちに

 

やってしまっていたり

誰かを傷つけていた

 

なんてことを

 

”目の前のイヤな人”が

教えてくれることがあります。

 

目の前のイヤな人を

「自分のかがみだ!」

 

そんな風に

すぐに思えたら

いいのかもしれないけれど

 

実際は

「ふざけんな〜!(怒)」

という気持ちになるのが

普通だと思います。

 

じつは私も先日

友人とのやりとりで

すごくイヤな気持ちになって

 

勢いにまかせて

友人とのLINEのメッセージを

全部消してしまいました(苦笑)

 

そのあとすぐに

 

セラピストらしからぬ

ことをしてしまった・・

 

と思ったのですが

 

その友人にLINEを消したことが

バレるわけでもないからいいか

 

と、これまた大人げない

開き直りをし(笑)

 

自分の心のためにも

これでよかったんだと

今は考えています(^^)

 

 

日々の中でつい

大人げない行為をしてしまうこと

誰しもあると思います。

 

「あんなことしちゃった・・」

「あんなこと言っちゃった・・」

 

後悔して

落ち込む日もありますよね。

 

けれど

 

「してしまった」理由も

「言ってしまった」理由も

 

必ず自分の中に

あると思います。

 

*つい腹が立った・・

*よかれと思って・・

 

などなど

後から考えると

”間違い”だった

気がするかもしれないけれど

 

その瞬間の自分には

ちゃんと

【理由】

があるんです。

 

もちろんいつも

「自分が全部正しい!」

と思うのは

また話が変わってきますが

 

自分の【理由】にも

ちゃんと気づいて

 

だからやってしまったんだね〜」

だから言ってしまったんだね〜」

 

と自分自身で

受け入れてあげるだけで

 

「やってしまった・・」

「言ってしまった・・」

 

とあとで後悔してしまうような行動も

少しずつ減っていくのだと思います。

 

どんなに大人になっても

腹が立つこともあるし

悲しいこともあります。

 

つい大人げない行動を

とってしまうことがあるのは

ごく普通のことです。

 

そんな大人げない自分も

許してあげられるようになると

 

人の失敗や失礼な行為にも

広い心で対応することができる

 

本当の意味で

”大人げのある”

女性になれるのだと思います。

女性は男性よりも

精神的に早く大人になります。

 

がんばって「大人」してきた分、

自分の大人げない部分も

ときには大きな目に見てあげましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です