「許す」の魔法

こんにちは。

愛情セラピストのちひろです。

 

「許せない」と思っている人はいますか?

 

あんな奴思い出すのもイヤ!!

なんてこともあるかもしれません。

 

人生にはある意味

”逆境”みたいなものが

みんなに用意されています。

 

どんなにうまくいっているように見えても

その人なりの苦労や悔しい思いをされている

ということはよくあります。

 

そんな苦労や悔しい思いって

多くの場合「相手」が存在するかと思います。

 

例えば

 

一番身近な親、兄弟姉妹、親戚、

彼や元彼、夫や元夫、友人、上司・・・

 

などなどです。

(赤の他人、なんてこともあるかもしれませんが)

 

よく

「自分のために相手を許しましょう」

ということが言われます。

 

許す=手放すこと

とも言われていて

 

許すことで

自分を苦しめる怒りを解放できて

結果的に自分がラクになる

というのはよく知られています。

 

とはいえ

「許せない」

と思っている相手を許すって

口で言うほど簡単ではありません。

 

だって

 

許したくても許せないから

今も許せていない

 

のだから。。

 

結論から言ってしまえば

許せないのなら

許さないままでもいいんです。

 

どういうことかというと

 

ない

という状態から

ない

という状態に

自分でしてしまうんです。

 

「許せない」

という言葉の前には

「許したいけど・・」

という言葉が隠れています。

 

そして

「許したいのに許せない自分」を

無意識で責め続けてしまっている人も

少なくないんです。

 

自分を責め続けることは

『百害あって一利なし』です。

 

というわけで・・・

 

そんな

百害あって一利なし

なんてしんどい状態から抜け出すために

許しましょう!

 

許すのは

許せない相手

ではなく

その相手を許せない自分

です。

 

相手を許せない自分を

許してあげるんです。

 

自分自身へ向けてこう許可します。

 

『許せないんだね、しょうがないよね。』

『じゃあいっそのこと、もう許さなくていいよ〜』

 

「あいつない!」

ではなく

「あいつない!」

に変えてしまうんです。

 

許さない自分を許す

言葉にすると少しややこしいですが

これが

自分を許す

ということです。

 

そしてこれ

不思議なもので

「絶対許さない!」って思っていると

 

「ん〜許してもいいかも・・いや、なんかもうどうでもいいかも!」

って気持ちになったりします。

 

「許さなくていい」

って自分に許可してあげるだけで

多くの人はこうなれます。

 

飽きた、とも言いますが(笑)

 

 

ぜひ騙されたと思って試してみてください。

 

今よりは絶対に、ラクになれるから。

jzemdcwp5pk-nomao-saeki

自分の全部を許すことから始めましょう(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です