大丈夫、空は落ちてこない。

こんにちは。千尋(チヒロ)です。

 

私が心や脳、目に見えない世界に興味を持ったきっかけは、幼い頃から抱えてきた自分自身の生きづらさからでした。

 

そして、”類は友を呼ぶ”とはよく言ったもので、何を隠そう私の夫も生きづらさに苦しんできた一人で、数年前には躁うつ病と診断をされ心療内科に通っていた時期もあります。

 

そんな夫ですが、自らの心の傷や苦しさに対して真摯に取り組み、現在は以前とは比べものにならないくらい元気に生活をしています。

妻としてはありがたい限りです(^ ^)

 

”うつ病は心の風邪”なんて言ったりしますが、風邪よりもよっぽどしんどいということは、経験者ならば誰しも理解できることだと思います。

夫もその一人。

自らの経験をもとに、自分を苦しくさせない生き方を日々心がけています。

 

さて、夫の取り組みは私から見ても参考になることが多く、今日はその中の一つをご紹介したいと思います。

 

夫が自らの健やかさのために実践していることの中で『毎朝通勤の時にお気に入りの神社へお参りをする』というものがあります。

 

私も神社が大好きでよく立ち寄るのですが、夫は毎朝のお参りの際に境内を見上げるとともに空を見つめ、

「大丈夫、今日も空は落ちてこない」

と心の中で確認をしているそうなのです。

 

この言葉は「何があっても、空が落ちるようなことはないから大丈夫」というような意味を持っているのですが、夫からこの話を聞いて妙に感心してしまいました。

 

日々の生活の中で、良いことも悪いことも起きます。

どんなに自分を磨いても、どんなに気をつけていても、やっぱり何かしらの事象は起きるのです。

 

傷つくこともあるし、悲しいこともある。

辛いこともあれば、怒りがわいてくることもある。

この世の終わりだ・・と絶望することだってあるのです。

 

それでも、空が落ちてくることはありません。

たとえ今が絶望的でも必ず明るい日差しは差し込んでくるのです。

 

今日は少し目の前の事象から離れて、空を見上げてみませんか?

そしてつぶやいてみてください。

「大丈夫、空は落ちてこない」

 

photo-1436228625646-f30c3e8447b0

あなたの夜明けは、もうすぐそこまできているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です